デジタル一眼レフの初心者におすすめブログデジタル一眼レフカメラの用語集から、 撮影テクニックまでデジタル一眼レフカメラにまつわる色々を紹介していきます。少しでもデジタル一眼レフカメラに興味をもってもらえたらと思います。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://dezi1camera.blog129.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

PENTAX k-r 発売開始しました。

   ↑  2010/10/10 (日)  カテゴリー: デジタル一眼レフカメラ
K-r Wズームキット ブラック レギュラーカラー
K-r Wズームキット ブラック レギュラーカラー

ついにPENTAXデジタル一眼レフカメラの「k-r」が発売開始しました。
相変わらずなポップな作りはモチロンのこと、
待望のスーパーインポーズにも対応しています。

ペンタックスオンラインショップでも紹介されていますが、
簡単な仕様は以下のとおりです。

1.高画質画像


画像信号の高速な読み出しが可能な新型のCMOSイメージセンサーを採用しています。
有効画素数は約1240万画素で、画像処理エンジンには上位機種と同等の高性能、
高速な処理スピードを誇る“PRIME II”を搭載し、
階調再現性や質感の描写に優れた高画質画像を実現しています。

また、ノイズも大幅に低減しており、ISO200からISO12800までの幅広い範囲で
感度設定が可能で、さらにカスタム設定時はISO100からISO25600までの増減感が可能です。

2.小型軽量ボディ


小型軽量ステンレス製シャシーをはじめ、軽量化を追求したボディ内手ぶれ補正機構、
各部材を効率よく配置する高密度実装技術などにより、
23.6mm×15.8mmという大きな撮像面積のイメージセンサーを搭載しながら、
軽量コンパクトなボディを実現しています。

3.最高約6コマ/秒の高速連続撮影


エントリークラスではトップレベルとなる、
最高約6コマ/秒の高速連続撮影(最大25コマまで、JPEG記録時)を実現し、
高速で動く被写体をより鮮明に写し止めることを可能にしています。

4.高性能AF


AFセンサーの光学系を一新し、より正確なピント合わせが可能になった
最新の11点ワイドAFセンサーシステム“SAFOX IX”(中央部9点はクロスタイプ)を採用しています。

また、本体には専用のAF補助光も搭載し、暗い場所でのピント合わせも容易です。
さらに、ライブビュー中のコントラストAF性能も新型センサーの採用や
アルゴリズムの改良により大幅に向上し、快適で素早いピント合わせを実現しています。

5.明るく見やすい光学ファインダー


独自のファインダー光学設計とフォーカシングスクリーン
“ナチュラルブライトマット II”の組み合わせにより、
像倍率約0.85倍(50mmF1.4・∞)で視野率約96%の大きく明るいファインダー像が得られます。

屋外などの明るい場所でも視認性が高く、ファインダー像にタイムラグがないので、
スポーツなどシャッターチャンスが重要な撮影にも有効です。

ピントが合った測距点は、スーパーインポーズ機能によりファインダー上で
わかりやすく赤く点灯表示されます。

6.大きく見やすい3.0型・約92.1万ドットの広視野角液晶モニター


大きく見やすい3.0型、約92.1万ドットの大型な高精細液晶モニターを採用しています。
上下左右それぞれ約170°の広い視野角により、
ライブビュー利用時のローアングル・ハイアングル撮影なども快適におこなえます。

7.2種類のバッテリーに対応


1回のフル充電で約560枚の撮影が可能なリチウムイオン充電池に加え、
別売の単三形電池ホルダー“D-BH109”を利用して市販の単三形電池(4本)も
電源に使用することが可能です。

外出先でも入手しやすいので、いざという時も安心です。

8.シャープな画像が得られる独自の手ぶれ補正機構SR


フィルム一眼レフ時代からの各種ペンタックス交換レンズを活用でき、
シャッタースピード換算で最高約4段分に相当する高い補正効果が
得られる当社独自の手ぶれ補正機構 “SR”を搭載しています。

望遠レンズ使用時や、ストロボOFF撮影、夕暮れ時の風景など、
手ぶれを起こしやすい撮影条件でも、ぶれを抑えたシャープな画像が得られます。


9.個性的な写真表現が楽しめる多彩な画像処理機能



(1)自分好みの画像仕上げができるカスタムイメージ機能
撮影者の意図や撮影シーンにあわせて画像仕上げを選択できる
“カスタムイメージ”機能を備えています。

まるで映画のワンシーンのような重厚な表現が楽しめる“銀残し”など、
全9種類から好みに応じて選択することができます。

(2)多彩なデジタルフィルター機能
カメラ内で画像にさまざまな加工処理を施し、多彩な映像表現が楽しめる
“デジタルフィルター”機能を備えています。

新たに“トゥインクル”“デッサン”“ポスタリゼーション”を採用し、
全18種類の中から好きな効果を選ぶことができます。

さらに一度処理をおこなった画像を続けて加工する重ねがけも可能で、
より個性的な写真表現を楽しむことができます。

(3)3種類の設定から選べるクロスプロセスモード
画づくりに関わるパラメーターを変更し、
まるでクロスプロセス処理をおこなったフィルムのように、
幻想的で独特な色合いに変化した画像が得られる“クロスプロセスモード”を採用しています。

撮影結果が表示されるまで結果が予想できない“シャッフル”に加え、
あらかじめパラメーターが設定されている“プリセット(3種類)”と
好みの画像のパラメーターを登録して設定できる“お気に入り”の中から好みに応じて選択できます。

(4)進化したHDR(High Dynamic Range)機能
露出の異なる3枚の画像を撮影してカメラ内で合成し、
超ワイドな階調の画像に仕上げるHDR機能を搭載しています。

オート、標準、誇張(3段階)から撮影意図に応じて選択でき、
新採用の自動位置ずれ補正によって、手持ち撮影でも利用可能にしています。

10.高速赤外線通信機能


当社初の高速赤外線通信機能(IrSimpleTM/ IrSSTM)を採用しています。
対応する電子機器へ撮影した画像を簡単な操作で送信することができ、
携帯電話を通じてのブログ掲載なども簡単におこなえます。

また、「PENTAX K-r」同士での画像交換や、
画像に添付されているExif情報を使った簡単な対戦ゲームができたりするなど、
新しい写真コミュニケーションのひとつとして楽しんでいただける機能を備えています。

k-rのWズームキットなら、PENTAXオンラインショップに無料登録すれば、
表示価格から5000円安くなりますよ。

公式ページに行けばk-rのカラーシュミレーターで自分だけカラーの
カメラのシュミレーションをすることも出来ますよ♪


(記事編集) http://dezi1camera.blog129.fc2.com/blog-entry-347.html

2010/10/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: PENTAX k-r 発売開始しました。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。